高額請求を避けるには? 過去の事例から学ぶ、やってはいけない蜂駆除業者の選び方

蜂駆除業者の実力は各社でバラつきがある

洗濯物を取り込もうとしたら蜂が飛んできた! 最もよく聞く発生事例の一つです。少数なら自分で退治できなくもないですが、素人が下手に刺激すると大群で攻めこんでくるかもしれないため、ここはやはりプロの業者さんに依頼するのが一番でしょう。

しかし、一括りにプロといってもその質はバラバラです。残念ながら、蜂駆除業者のなかには悪質な営業の仕方で利益を上げている人たちもいて、こちら側が素人なのをいいことに高額な請求をふっかけてきます。

平常心ならオカシイと思うことでも、実際に蜂被害に遭っていると冷静な判断ができず、巧みな話術に騙されて契約してしまうケースも少なくありません。スズメバチなどは刺されると死に至る場合もありますから無理もないでしょう。

蜂駆除業者の良し悪しを見極める方法はあるのか?

では、どうすれば質のいい業者さんを見つけることができるのか? 答えは、「正しい依頼の仕方」をすることです。そう難しいことではありません。過去の失敗事例を反面教師にし、悪質業者の特徴や傾向を学ぶことで、やってはいけないことを回避すればいいのです。

そこで@蜂駆除では、実際に被害に遭われた方や、評判のいい業者さんからの聞き取り調査をもとに、代表的な失敗例を調べてみました。以下に挙げる3つの例を参考に、失敗しない蜂駆除業者の選び方を身につけましょう。

【失敗事例1】電話で見積もりが異常に安く、特別キャンペーンの言葉に負けてOKしてしまった

→必ず現地調査を経たうえで見積もり・契約に進みましょう

スズメバチなら2~3万円、アシナガバチなら1万5000円~2万円など、蜂の種類によって大体の相場はあるものの、どこに、どんな状態で巣があるのか、現地調査をしてみないことには正確な料金は出せません。

こうした過程を経ず、被害状況を電話でしか確認しない業者には要注意です。極端に安い金額を提示し、先に契約だけを確保する狙いがあるかもしれません。「格安」「今月限り」「セール期間中」などの言葉を多用してきたらさらに注意。しつこく契約をせっついてくるでしょうから、毅然とした態度で断りましょう。

こうした業者はプロと呼べる技術はなく、不慣れな駆除によって自宅を傷つけたり、蜂を不必要に怒らせて近隣に迷惑をかけたりする可能性があります。電話口で大体の値段を聞くのはいいですが、それだけを判断材料にするのは絶対にNGです。

【失敗事例2】1社にしか依頼せず相見積もりもとらなかった

→絶対に2~3社から相見積もりをとりましょう

現地調査を経て見積もりが出たら、その価格が妥当かどうか、複数の業者に相見積もりを出して比較することをオススメします。インターネットで蜂駆除の費用を調べるとよくわかりますが、作業にかかる費用は業者によってバラつきがあるからです。駆除の方法も違えば、駆除後のアフターケアの内容も異なるので、当然といえば当然でしょう。

値段だけに目を奪われず、作業の内容を比較することも忘れずに。たとえば、建物を破壊する工程を取るかどうかなどです。いくら安くても、建物を破壊して作業する工程では、必ずあとで修繕作業が必要になりますよね。もちろん必要ならことなら仕方ありませんが、数社で工程に差が出ている場合、多少料金が高くても建物を壊さない方を選ぶ方がトータルで安くなる場合もあります。

このような細かい費目の確認も、複数の会社に相見積もりを依頼することで可能になります。

悪質な業者は、そもそもきちんとした見積を出さなかったり、その場限りの値段交渉で契約を迫ってきたりするため、比較することで簡単に正体があぶり出せるかもしれません。面倒かもしれませんが、お金に関するほとんどの被害は相見積もりで未然に防ぐことができます。

数ある業者さんから複数ピックアップするのが難しいという人は、相見積もりを前提に作られた専用のサイトを利用する手もあります。地域ごとに複数の対応業者を探せる作りになっているので、わざわざ一社ずつ検索する手間も省けていいでしょう

【失敗事例3】自社ホームページの内容を信じて依頼したけど不満…。後で調べたら評判のよくない業者だった

→実績や評判を調べるのも大切です

相見積もりで費用とサービスのバランスに納得できれば契約に進むわけですが、最後の検討材料として、その蜂駆除業者さんの実績や評判にも目を通しておくことをオススメします。

大手や老舗の業者さんはやはり信用できますし、歴史が浅くても評判が高い業者さんは自分への安心材料になります。当サイトのような口コミサイトでもいいので、ひととおり見ておいても損はないでしょう。もしかしたら予想外の発見があるかもしれません。その際は、蜂駆除関連の基礎知識を備えておくとよりいいですね。書かれている内容への理解度が変わってきます。@蜂駆除内にも知恵袋用語集を用意していますので、ぜひ参考にしてください。

なお、客観的な評価材料として、行政から仕事を受けているか、または業界の任意団体に加盟しているかを重視すべきという声がありますが、そうしたステータスがイコール優良業者というわけではないと言っておきます。未加盟でも実績を上げている業者さんはいらっしゃいますし、さまざまな理由からあえて加盟されていないこともあります。そうした基準は、「悪質かそうでないか」の目安にする程度でいいでしょう。

まとめ

以上、蜂駆除選びで失敗しない主なポイントな次の8つです。

  1. 現地調査を重視しない業者は信用しない
  2. やたらと契約をせっついてくる業者は信用しない
  3. 大幅な値引きをしてくる業者は信用しない
  4. 見積もりは必ず複数の業者からとる
  5. 料金以外の細かな作業内容も比較する
  6. 保障やアフターケアなどの有無も確認
  7. 実績や評判など生の声も調べておく
  8. 業界団体に加盟しているかどうかは参考程度に

なんらかの事情で8つすべてをチェックできないという人は、最低でも相見積もりだけは取ってください。高額請求されるリスクがぐっと下がります。あらかじめ一括見積もりに特化したサイトを活用するといいでしょう。大幅な時間短縮ができるうえ、一定の審査をパスして登録している業者さんから選ぶことができます。